まいしゃごーごー

不屈の腹痛トラベラー。体調、体力、ともに自信なし。それでも旅がしたい!海外・国内旅行、留学、英語学習情報。

お金関連 旅・留学・暮らす

海外でお金を稼ぐ方法は現地就職だけじゃない!働けないビザでも可能?!

投稿日:2018年9月10日 更新日:




こんにちは。英文科卒で留学マニア、今は海外演奏活動をしている「むー」です。留学や海外で何か活動するのが好きすぎて、常にお金に悩む私の得意分野、必見です!(笑)

あ、あと、最初に申し上げておきますが、怪しいお話しではありません(笑)ご心配なく。

海外に興味があるアナタ!「フリーランスになり、海外でノマド生活(「nomad=遊牧民」の意味。ノートパソコンを持ってカフェで仕事をするなど、オフィス以外のいろいろな場所で働くスタイル)」というライフスタイルを目にすることも多いのではないでしょうか。

「私もそんな自由で快適な生活がしたい!」「海外でゆったり暮らしながらお金の心配もしなくていいなんて最高!」と思いながらも、「ノマド生活をしている人は、そもそもどこで仕事を得ているの?」って思いますよね。

また、留学等で海外に長期滞在するものの、ビザの関係で現地で働けない!という場合も今日ご説明する方法が有効です。

私も経験がありますが、海外でお金に困ることほど不安で夜も眠れないことはありません。必ず、貯金以外にも資金の対策をしておくべきです。

まずは、知らなかったでは済まされない「ビザと就労のルール」の話から見ていきましょう。

海外のビザとアルバイト

まず海外に行かれる場合、特にまとまった期間渡航する場合は、「渡航予定の国のビザと、就労のルール」について調べておきましょう。トラブルを起こしてしまっては大変です。

ここでは海外長期旅行や、語学留学を考えている方を対象としたお話しになります。

観光ビザの場合

「観光ビザ」で行く海外旅行、短期留学等の場合は100%現地で就労できません

海外に行って路上パフォーマンスでお金を稼ぐというのも、チラホラ目にするのですが、基本的にはワーキングホリデー(ワーホリ)のビザだったり、アルバイト可能な学生ビザ(国によります)などを持っていることが前提とされています。トラブルにならないように気を付けましょう。

学生ビザの場合

「学生ビザ」で留学する場合、アルバイトができるかどうかは留学する国と教育機関によって変わってきます。

ただし、語学留学の場合は、ほとんどの国で働けないと思った方がいいです。

近年は大学・大学院・専門学校の留学生でないとアルバイトが出来ないという国が増えてきました。語学留学で働ける国はかなり限られてきています。

現地で就労できるワーキングホリデーのビザを取得できる年齢の方(18歳~30歳という国が多い)は、ワーホリビザでも語学学校に通うことができますので、そちらの取得をおすすめします。(国により、ワーホリビザでの就労条件等異なります)

ワーホリビザを取得できない年齢の方や、語学学校には通う予定がなく、海外でゆったり過ごすのがメインの方(観光ビザの期間の範囲ですが)は、次でご説明する方法でお金を稼ぐのがよいでしょう。

海外でお金を稼ぐ方法とは

こちらで説明する「海外でお金を稼ぐ方法」は、当然のことながら合法です。海外に渡航予定の方は日本にいるうちに仕事を開始してみて、自分に合っているかどうかを見極めることが大切です。

フリーランスでお金を稼ごう!

こちらでご紹介するフリーランスのお仕事は、日本のお仕事で、支払いも日本の銀行口座に支払われます。作業のみを海外の滞在先でするだけですから、海外で雇用されるわけではなく、これは問題のない働き方です。実際にそれで海外で暮らしている方もたくさんいます。

海外でそういった働き方をしている人は「プログラマー」などIT関係のイメージがありますが、お仕事はそれだけではありません。中には資格や経験がいらないものまであるんです!

特に、ブログを運営していたことがあるなど、文章を書くのが得意な人は「ライター」のお仕事を受けてみてはどうでしょうか?

「でも、そういうお仕事ってどこからもらうの?」とお思いの方。次の項目をお読みください。

クラウドソーシングって何?

「クラウドソーシング」というのをご存知ですか?

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

出典:Wikipedia

説明だとちょっと分かりにくいですが、簡単に言えば、「お仕事を依頼したい人と、お仕事を受けたい人のマッチングの場」と考えたらよいでしょう。

つまり、インターネットさえあれば、今すぐ登録して、今すぐお仕事を始めることが出来る上、海外に渡航してからもお仕事ができるんです!

今すぐ登録!クラウドソーシングでお仕事

クラウドソーシング一例になりますが、

に会員登録してみてください!特に、クラウドワークスランサーズはクラウドソーシング大手の有名どころですので、どちらも登録しておけば間違いないでしょう。

面接や出勤もなく、ネットだけで完結するお仕事が多いですので、既に海外に行かれている方や地方在住の方でもすぐにお仕事を始めることができます。

仕事依頼って本当に来るの?

来ます。かなりの数来ます。

私は、「ライティング業務」(ウェブサイト等の記事の執筆)をメインとして登録しプロフィールを公開していたところ、毎日ひっきりなしにお仕事依頼のメールが来ました。もちろん、条件に一致する人に一斉送信しているものが多いですが、とてもビックリしました。

「ライティング業務」は資格はいりませんし、経験は不問というクライアントさんも多いです。

ジャンルとしては「音楽関係」や「ライフスタイル」など、誰でも興味を持ちやすいジャンルの依頼が多かったです。私の場合は英語関係(英会話学習に関する記事)も依頼が来ました。

それだけ、お仕事を依頼したい方も多いということなんですね。

ただし、この状況がずっと続くとは限りません。

近年、「雇われずに働きたい」という考え方が定着してきましたので、若者を中心に、こういったクラウドソーシングの仕事をすることは一般的になりました。派遣雇い止めなどの問題で、そのような風潮は急激に加速しています。

選ぶほどお仕事があるのは今のうちかもしれません。もちろん受注ノルマはなく、やりたい仕事だけ受けることができますので、まずは登録だけしてどんなお仕事依頼が来るのか様子を見てみてください。

クライアントさんと信頼関係が出来ると、レギュラーでお仕事がもらえるようになりますので、そういったクライアントさんと出会っていくのがカギとなります。

海外渡航の予定が決まっている方は特に、今すぐ始められることをオススメします。

パソコンや文章を書くのが苦手?

「文章を書くのは苦手だから、ライターはできないと思う…」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、「苦手だと思っていただけで、やってみたらできた」というパターンもあります。

私です(笑)

私、学生時代の作文や小論文、すごーく苦手で、成績もよくなかったので、私は文章を書くのが苦手だ、と思い込んでいました。ブログを運営している人ってすごいなあと、他人ごとに思っていました。

でも、やってみたら思いの外、長文を書くこともできたし、「書く」というよりは「経験を語る」という感覚でやるので、小論文や作文とはまた別物だと感じました。

パソコンの操作が苦手、という方の場合、「タイピング」は慣れが大きいです。記事をたくさん書いていれば確実に慣れます。

ノートパソコン一つでいつでもどこでも仕事ができて、憧れの海外ノマド生活を送っているご自分の姿を想像したら、ちょっと頑張ってみようかな?って気持ちになりませんか?そういうモチベーション作りも大切ですね!

あとがき

いかがでしたか?インターネットさえあればどこでも働ける時代になり、素晴らしいですよね。

「プログラミングなどの技術がないと海外でノマド生活なんて無理だろう…」と諦めていたあなた。これで希望の光が見えたのではないでしょうか?

先ほど申し上げたように、ノマド生活を始める人が急速に増えています。今はまだいわゆる「売り手市場」ですが、ライターが増えればつまり、いいクライアントさんが未経験者には依頼を出さなくなるということ。今すぐ登録し、ライバルより先にお仕事を始めてしまいましょう!

早速登録して、クラウドソーシングのお仕事にチャレンジし、海外ノマド生活を目指してみてください!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018







-お金関連, 旅・留学・暮らす
-, , , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© まいしゃごーごー , 2019 All Rights Reserved.